やってほしいこと

vol.3 感情デトックスであなたを解き放とう

こんにちは、
前回まで、自分と向き合うことの大切さ、自分と向き合うためには、
ノートにペンで書くっていうことの大切さをお伝えしたと思います。

今日は、具体的にどうやって向き合っていくのか?とか、
どういうところに気をつけたらいいのかっていうところのお話をしていきたいと思います。

まず一番最初にやってほしいことをお伝えします。
それは今の状態、要は、いろんなことでモヤモヤしていたり、
悩んでいたり、自分の中で解決できないことがあったり、
許せない人がいたり、まだ怒りが残っていたり、悲しみが残っていたり・・・
そういう状態から、まずはいったん自分をゼロの状態、フラットの状態に
持っていって欲しいなって思うんですね。

例えばなんですけれども、体にすごく良いサプリメントをいっぱい摂ったとしてしても、
腸の壁がすご~く汚れていたら、それって体にあんまり吸収されないんですよね。
なので、まず先にデトックスして、腸の壁をきれいにしてあげた後に
栄養素を入れていくっていう方がすごく効率的なんですよ。

それと一緒で、感情も一度全部出してみましょう。
出して出して出して出し切って、フラットな状態にして欲しいなって思っています。

あと、たまにこういう方がいるんですけれど、
自分の感情に蓋をしちゃってる人っていうのも結構いるんですよね。
言われてすごく嫌だったり、悲しかったりしたことを
まるでなかったかのように扱ってしまったりとか、
いやいや、私はこのぐらいでは大丈夫ですよ。
傷ついてませんよっていうスタンスでいたりとか、
結構なかったことにしちゃってるっていう人がいるんですけれど、
それは多分、傷ついたっていう状態、自分が傷ついてるんだっていう状態を
直視できないからなのかな~って思うのと、
良い感情ポジティブな感情、楽しいとか、嬉しいとかそういう感情はいいけれども、
悲しいとか、苦しいとか、寂しいとか、こうそういうネガティブな感情は
あんまり感じちゃいけないって思ってる人もいるかもしれません。

そこで、これは私の見解なんですけれども
感情に良いも悪いもないんですよ。
ポジティブな感情でも、ネガティブな感情でも、
どっちが良くてどっちが悪いっていうのは、私はないと思っています。

三角形を想像してほしいんですけれども、
その三角形の頂点から重しがついた糸を垂らします。
そして、それを振り子のように揺らせてあげると左右に振れますよね。
その左右に触れたときに、仮に右側に触れた部分がポジティブな感情で、
左側に触れた部分がネガティブな感情だとします。
それぞれ、右も左もどちらがいいっていうのがないというのと同じように、
ポジティブな感情もネガティブな感情も良いも悪いもないんですよ。

ただその右に振れる振り幅と、左に振れる振り幅が
大きければ大きいほど感情の波は大きくなっていきます。
逆に底辺の真ん中に近づいていくに従って、
感情の振り幅はちっちゃくなっていくんですね。

なので、すごく良いことも、すごく悪いことも、
私たちの感情っていうところでは、大きく振れているだけということになります。
良いも悪いもないし、それだけ心が動いているんだなっていう感じですね。

ノートに書く内容は、
今日はこういうのが嬉しかったな~とか、
こういうときの経験が楽しかったな~ってことを
書くこともあると思うんですけれども、
過去を振り返るっていうことに関して言うと、
あの時お母さんに言われたあの一言が許せないとか、
○○さんにされた態度で私はすごく傷ついたとか、
旦那さんでも彼でもいいですけど、
言われたこの一言でなんかすごく私は傷ついたけれど、
それを相手に伝えられなかったが、
それはどうしていなかったかって言うと嫌われたくなかったからだ。とか
そういうネガティブな感情も含めて、自分の思ったこととか、
感じたことを全部全部全部出してほしいんですね。

なので、結構時間がかかるんですよ。
例えば、運動会の徒競走でビリを取っちゃって恥ずかしかったとか
そういうあのたわいもないことも、全部書き出して言ってほしいんですね。

それを書き出していくうちに、みんながみんなそうなるかわかんないんですけど、
私の場合は比較的、あ、これはお母さんが悪かったんだとか、
あ、これはこの人が悪かったんだとか、私にこんなことを言うこの人はひどいとか・・・
結構人のせいにし出すんですね。

例えば、友達に言われた一言がすごくショックで、
だから私はこういう風になっちゃったとか、
何でもいいんですけれども・・・いいんです!人のせいにして!!

とことん、とことん、人のせいにしてみてください。
起きた出来事すべてあいつのせいだ!
お母さんのせいだ!お父さんのせいだ!兄弟のせいだ!
学校の先生のせいだ!隣の家の人のせいだ!でいいんです。
ぜ~んぶ人のせいにしてみてください。一度。
みんな、中途半端にいい子になろうとしていて、
そうは言っても、あの人は悪気がなかったなとか
これは私が未熟だったから、あの人がそう言ってくれたんだ。
とか、すごくみんな感情を感じ切る前に、中途半端にお利口になろうとするんです。
いい人になろうと・・・

自分しか見ないノートですから、自分と向き合うために
そんな中途半端な気持ちじゃなくていいですし、
誰も見ないんだから、いい人に見られたいとか、そういう感情も一切捨てて、
あいつのせいだ、こいつのせいだって、
全部人のせいにして、思う存分そうしてみてほしいですね。

そうすると、ある時それをやり尽くす時がくるんですよ。
私は、やり尽くすのに結構時間がかかって、半年ぐらいかかったかな・・・
半年ぐらいかかった時に、あれ?でも、これって選んでたのは私だなとか
あれ?人のせいにするのはいいけど、私の人生これじゃ全然変わってかないやとか、
そういうことにだんだん気づいてくるんですね。

そういう気持ちが自分の中から自然に湧き起こってくるまで、
とことん人のせいにしてみてほしいんですよ。
そうするとだんだん人のせいにするのに飽きるから、
あ、これ選んでたのは私だったわ!っていうことに気がついて
ようやく自分の人生、自分で変えていくしかないな~っていう事に気がつけると思います。

はじめのうちは、湧き出る感情を思うがままに書き尽くしてください。
書き尽くした先に、あなたにどのような感情が芽生えてくるのかを楽しみにしながら・・・
とことんまで、いろんな感情を出し切りましょう♪

次回は、過去だけでなく、現在から未来のあなたのことについても
お話をさせていただきたいと思います!

vol.4 不安な気持ちとの向き合いかた将来、未来のことを考えていると、不安に取り憑かれる人がおられます。 その不安な気持ちに対して、どういうふうに向き合っていけばいいのか説明しています。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です